フコイダンを摂取

自然界でフコイダンを含む食材と言えば、海藻が定番だと言ってもよいでしょう。もちろん全ての海藻にフコイダンが含まれているというわけではありませんが、日本人がよく食べる海藻の多くにフコイダンが含まれているのです。日本人がよく食べる海藻というのは、褐藻類と呼ばれているのですが、この褐藻類の大半にフコイダンが含まれています。では、具体的にどのような食材があるのでしょうか。

よく知られているところでは、ワカメやめかぶ、ヒジキや昆布、もずくなどがあるでしょう。もちろんこれらの食品にもフコイダンは含まれているのですが、当然含まれている量が異なっています。しかも毎日海藻を一定量食べるのは大変なので、足りない分を健康食品で補う人が多くなっているのです。健康食品にも、フコイダンを使用した製品がたくさん販売されています。中でも、フコイダンサプリメント“VENTUNO”は、オキナワモズクフコイダンとメカブフコイダンが配合されており、単独のフコイダンより力強い活性パワーを発揮することが確認されています。

まずはフコイダンがどれぐらい含まれているのかを確かめてみましょう。また、フコイダン以外の成分にも注目しておかないといけません。健康食品というのは、1種類しか栄養素が含まれていないということはないので、他の栄養素についてもきちんと確認しておく必要があるのです。もちろん健康食品をメインとするのではなく、普段の食事をメインとしなければいけません。